自分でできるチクチク療法 №57 長田先生の著書より ひじまる体操=凝り取る(コリトル)体操2

この体操はテレビでも紹介されました。

ご存知の方もいると思います。

 

どちらかの手で同じ側のシャツの襟首をつかみ、肩関節を中心に肘が円を描くようにグルグル回します。

反対向きにも回します。

肩甲骨を動かせたらベストです。

 

肩関節を回す運動は可動域が広ければ広いほどいいのですが、できないひともいます。

この場合は無理をせず、小さい円ですませます。10回を目安にしましょう。

 

五十肩は可動域が制限されているので無理はできませんが、しないとますます廃用性機能障害に陥ってしまいます。

段階的に大きくしていくことが重要です。

 

次に、両手を使う方法です。

左の図のように、それぞれ水泳のクロール、バタフライ、背泳ぎのような3つの動作を10回ずつします。

 

この体操は、肩関節、僧帽筋、肩甲間部、鎖骨が同時に動作しますので、肩こり、五十肩、胸郭出口症候群などに役立ちます。

 

fullsizerender

 

 

 

 

 

 

 

仙台市宮城野区の順接骨院 交通事故・むちうち・交通事故によるしびれ・頸椎ヘルニアならお任せ下さい!

 

 

 

 

 

 

 

一覧ページへ

 

PAGE TOP

電話お問い合わせ